小児矯正④歯科医院で迷走した結果

前回からの続き

小児矯正③チンキャップとムーシールド
前回からの続き 昔と違って今はインターネットで色々な情報が簡単に手に入ります。 子どもの受け口を治すのにどのような方法があるのか早速調べて...

A歯科医院とB歯科医院の2つの歯科医院に絞って決めようと思っていましたが最初に行ったA歯科医院でB歯科院をお勧めされました。

その理由
1.母親が反対咬合だったので遺伝的な可能性が高い
2.男の子は女の子より下顎の成長期間が長く18歳までは様子を見ないといけない
以上の理由から小さい時に治ったとしても高校生ぐらいで元に戻る可能性もあり、その時は骨を削ることもあるけどB歯科医院はそれも出来るので最初からB歯科医院でやった方が良い

とのことでした。

男の子の下顎の成長は思ったより長い間続くんですね。
確かに男性は大人になると顔長くなる人いるよね。あれは顎が成長した結果なのね(;^_^A

B歯科医院で相談したところ、3歳はまだ早いから永久歯が生える小学生ぐらいまで様子を見てから治療を始めましょうということでした

もうB歯科医院で決定かと思ったのですが費用がね、お高いのですよ。

そのお値段

・・・

100万円!

う~ん、キリが良い値段ですね(^^ゞ

でもこの値段を払えば追加料金なしで大人になっても見てくれるそうです。

そんな時に新しく出来たC歯科院のチラシを見ました。

最新の歯科矯正をするみたい。

早速相談に行ってみました!(初回は何処も無料だし)

矯正のお値段は20万円。
調整するたびに5千円+税がかかるとの説明。

一括100万円払った方が安心なのか。
それとも20万+調整代の方が良いのか。

悩みますよね。

C歯科院では子供の矯正は早くした方が良いとの考えでした。

保育園時代に反対咬合を治した私も早く治したい考えです。
でも女の子と違い男の子の下顎の成長は長い( ;∀;)

ぐるぐる考えて結局

C歯科医院で矯正治療をすることに決めました!

でも・・・

初めの説明ではムーシールドで治療するはずだったのですが、治療当日に院長の一声でチンキャップで治療することになりました。ムーシールド、やってみたかったのになぁ。

チンキャップ

チンキャップ

このチンキャップ、3歳児ではなかなかつけるのが大変です!

私も保育園時代につけていたんだけど装着するのが嫌だった記憶があったなぁ。

太郎が嫌がって初めのころはチンキャップが装着できない日々が続くことになりました。